レーザー治療はにきび跡などの肌トラブルを改善してくれる

医者

凹凸タイプに効果的

女の人

新しい肌へリセット

肌の凹凸となってしまったにきび跡を治療するための手段の第一として新しい肌へリセットしてしまう、フラクセルレーザーというものがあげられます。凹凸タイプのにきび跡は塗り薬やピーリングでは修復が難しいので、フラクセルレーザーのように真皮層にまで届く治療が必要となります。フラクセルレーザーは肌に極小の針を使ってマイクロ単位の穴を開け、傷つけることによって肌の自己修復再生を促します。肌の真皮層にまで刺激を与えるためコラーゲンの増強、毛穴の縮小、肌質改善が期待できます。ただし、肝斑がある場合はレーザーの刺激により濃くなることもありますので、肝斑の治療も同時に行うか肝斑部分はレーザーの照射を避ける必要が出てきます。また、照射後は徐々にかさぶたの状態となりますのでダウンタイムは1週間程度必要です。

サーマクール

サーマクールはたるみ治療に時によく使われるアンチエイジングマシンですが、凹凸タイプのにきび跡の治療にも効果があります。サーマクールを照射することに肌の深層部にレーザーの何倍もの威力のある高周波の電気的な熱エネルギーが行き渡り、コラーゲンの増強が期待でき、肌の自己修復再生といったアンチエイジングさせることができます。ニキビの原因となる皮脂腺を破壊することにより皮脂の分泌を抑えますので、新規のにきび発生の防止にもつながります。顔全体の照射は1回あたり30〜40分でダウンタイムも無く、たるみの改善、毛穴の縮小、にきび跡の改善といった効果が得られます。痛みがあることが多いので照射や麻酔といった手段を取る必要があります。

先進的な美容医療技術

医師

美容医療の分野では、さまざまな肌トラブルに対する有効な治療法としてレーザーが使用されています。シミやシワの解消はもちろん、通常のスキンケアでは改善が期待できないにきび跡の治療にも効果を発揮しています。

Read More...

にきびの跡の治療

顔の手入れ

にきび跡を治療する方法には、レーザー治療があります。レーザー治療の機械は、クリニックによって導入している機械が違います。自分に合った症状であるかによって治療法も変わってきます。様々な治療法や、ケアの方法をよく相談し、選択していくことが重要です。

Read More...

効果がある治療法

女性

にきび跡を効果的に解消する方法として、フラクセルレーザーがあります。このレーザーには、肌の代謝を良くして、コラーゲンの分泌を促す効果が有ります。そのため、にきび跡でへこんだ肌が盛り上がり、きれいになります。

Read More...