レーザー治療はにきび跡などの肌トラブルを改善してくれる

女性

先進的な美容医療技術

医師

光の力でトラブル解消

近年、美容医療の分野において急速に普及が進んでいるものにレーザー治療があります。レーザーは光の一種ですが、発せられた後も拡散せずにまっすぐ進むという特徴があります。そのため特定の部位に対してピンポイントに照射することで瞬間的に熱による強い刺激を与えることができます。レーザー治療の対応範囲はシミやそばかすの解消からシワやたるみの改善に至るまで多岐にわたります。いずれも短時間の施術で効果を上げることができ、メスはもちろん針も糸も使わないので手軽な美容整形法として人気を呼んでいます。そんなレーザー治療はにきび跡の改善にも適応しています。にきび跡とは、にきびが治った後に残る肌トラブルのことをいいます。

変色やクレーターにも対応

にきび跡には大きく分けて跡が変色するタイプと肌が陥没するタイプの2種類があります。まず変色タイプとは、ニキビの原因となった菌によって肌が炎症を起こし、メラニン色素が分泌されて沈着してしまうことで起こります。この場合は茶色い跡が残ります。また、炎症から毛細血管がうっ血を起こすケースもあります。この場合は赤い跡が残ります。次の陥没タイプは、菌によって肌の表層が侵食されてしまうことで起こります。クレーターなどと呼ばれることがあります。こうしたにきび跡は、レーザー治療による改善が可能です。レーザーの熱によって刺激を受けた肌は、新しい細胞に生まれ変わると同時にコラーゲンの生成が促されます。これによってお肌のダメージからの回復が期待できるようになります。レーザー治療は、通常のスキンケアでは治らない肌トラブルも改善できると言われています。そのため今後ますます需要が高まるものと考えられています。